home

イベント情報 > 千団子まつり

千団子まつり

千団子まつりは、三井寺の守護神でもある鬼子母神の祭礼です。
千団子の名の由来は、千個の団子を供えることからで、600年以上続く伝統的な祭礼として大津の人々に親しまれています。
鬼子母神は訶梨帝母と称する女神で、自らは千人の子供を持ちながら、人間の子供を奪って食べる鬼神でしたが、お釈迦様の説法を聞き、懺悔して仏法を守護する神となりました。
わが国では、子供の無事成長を守護し、また婦人の無事安産をかなえる女神として信仰されていますが、その訶梨帝母の姿をあらわした、護法善神立像(ごほうぜんしんりゅうぞう:平安時代作、重要文化財)の特別御開帳が行われます。
また、堂前の放生池では、生きとし生きるものすべての命を大切にする「放生会」が行われます。これは子供の無事成長の願いをこめて、その子の名前と年齢を亀の甲羅に書いて池に放す行事ですが、他にも子供の無事成長にちなんで植木市、苗市も開催されます。
 

日時平成27年5月16日(土)、17日(日)
場所三井寺(護法善神堂周辺)
交通【電車】
・JR大津駅から徒歩20分
・JR大津京駅から徒歩15分
・京阪電車「三井寺駅」から徒歩10分
【車】
・名神京都東ICから10分
問い合わせ先三井寺 TEL:077-522-2238
料金三井寺境内は、拝観料600円
URLhttp://www.shiga-miidera.or.jp/index.htm
備考毎年5月16日に近い土日に開催