浮御堂(満月寺)

平安時代に恵心僧都源信が琵琶湖の湖上安全と衆生済度のため、湖中に仏閣を建立したとされている。臨済宗大徳寺派の寺院。現在の建物は、昭和12年の再建によるもので、昭和57年にも修理が行われ、昔の情緒をそのまま残している。
湖中に浮かぶお堂の景観の素晴らしさは、近江八景「堅田の落雁」で名高く、松尾芭蕉はじめ多くの人々に愛され続けてきた。

住所 〒520-0242 滋賀県大津市本堅田1-16-18
アクセス ■電車
JR堅田駅からバス「堅田出町」下車徒歩5分(土・休日は「浮御堂前」までの バスあり)
■車
湖西道路真野ICから10分 普通車25台
問い合わせ先 TEL:077-572-0455
営業時間 8:00~17:00(12月のみ~16:30)
定休日 無休
料金 300円(30名以上280円)