home

テーマで探す

長等神社

天智天皇が大津京鎮護のため長等山の岩倉に須佐之男大神を祀ったのが始まり。貞観2年(860)円珍が園城寺の守り神としてまつったといい、天喜2年(1054)庶民参詣のため山の上から現在地に移った。楼門は明治38年(1905)の完成だが、中世の古い様式が細部にわたり見事に生かされている。

住所大津市三井寺町4-1
交通・JR大津駅から徒歩20分
・京阪三井寺駅から徒歩11分
・名神京都東ICから10分
問い合わせ先077-522-4411