大津港を彩るプロジェクションマッピング「水と祝祭」

琵琶湖の玄関口である大津港シンボル緑地、その中央に佇む巨大クスノキに「水」をテーマにしたプロジェクションマッピングを投影します。琵琶湖の象徴的風景である汽船・ミシガンを背景に、幻想的な世界観を味わうことができます。観覧無料。

※写真はイメージです

■制作者プロフィール
プロジェクションマッピング:xorium(エクソリウム)
https://xorium.jp/
竹川 諒・中矢 知宏・中村 慎吾のデザイナー1名、エンジニア2名で構成されるクリエイティブユニットとして2017年に結成し、京都を中心に活動を行っている。“実空間におけるデジタルとの心地よい共存“を基軸に作品制作に取り組む。
これまでに、お酒の記憶を呼び起こす酒器「味憶」、奥行きのある映像表現を可能にする「[Ziː].stand」/「[Ziː].framed」を発表。直近では板坂 諭氏との共作「へのへのもへじ」をMedia Ambition Tokyo 2021にて出展した。
総務省異能vationプログラム ジェネレーションアワード部門 [企業特別賞]、NTT DOCOMO 5G CHALLENGE [最優秀賞]、NEW VIEW AWARD 2020 [Silver Prize] 等の受賞歴がある。



楽曲制作:小松千倫
https://kazumichikomatsu.com/
https://soundcloud.com/madegg
1992年高知県生まれ。京都市在住。16歳よりコンピューターを使った作曲をはじめる。これまでに〈flau〉、〈Angoisse〉、〈Manila Institute〉、〈Rest Now!〉等様々な国のレーベルより3枚のアルバム、複数のEPをリリース。The Japan Times, TinyMixTapes, The Fader, Mixmag, FACT等の海外メディアでも取り上げられる。ティム・ヘッカー、ジュリア・ホルター、マーク・フェル、アルカ等のアーティストの来日公演をサポート。また、小瀬村晶、くるり、泉まくら、Qrion等のリミックスワーク、中村弘二のプロデュースワーク等を手がける。自然や街のなかの微細な音をフィールドワークを通して採集し、それらの素材をもとに抽象的なサウンドスケープを構築する。

開催日
2021年11月27日(土)~11月28日(日)
時 間
18時〜20時30分
場 所
大津港・シンボル緑地
MAP
地図を開く
問合せ
0570-052-105(窓口:琵琶湖汽船)

※大津港・シンボル緑地では、2021年11月17日(水)〜30日(火)にライトアップも開催いたします。詳細はこちらのページをご確認ください。

access

アクセス

電車の場合

▼JR
京都駅〜大津駅 … 琵琶湖線・新快速で9分
京都駅〜大津京駅 … 湖西線・新快速で10分

▼京阪
地下鉄三条京阪駅〜京阪びわ湖浜大津駅 … 25分

▼新幹線
東京〜京都駅 … 新幹線(のぞみ)で2時間18分
名古屋駅〜京都駅 … 新幹線(のぞみ)で36分
博多駅〜京都駅 … 新幹線(のぞみ)で2時間38分

車の場合

▼東京・名古屋方面から
名神高速道路をメインルートに新名神高速道路経由で
大津市内各方面にお越しください。
名古屋IC〜大津IC … 130km / 約1時間40分
東京IC〜大津IC … 440km / 約5時間

▼大阪・京都から
名神高速道路をメインルートに京都東IC、大津ICから
大津市内各方面にお越しください。
名神吹田IC〜大津IC … 43Km/約32分