イベント 2021-12-17 15:00:42 Update

おおつ冬旅 2021~2022


お出かけをご計画の際は必ず、事前に各施設のホームページをご確認下さい。

また、下記情報は今後の状況により、変更の可能性があります。


 

・目的で選ぶ・

 

 年末・年始(大晦日・初詣)情報 
(別ウィンドウで開きます)

 

 ツアーをチェックする 

 

 美術館・展示 

 

 公演 

 

 ウィンターアクティビティ 

 

 ドライブ 

 

イルミネーション 

 

 レンタサイクル 

(別ウィンドウで開きます)

 

 泊まる 
(別ウィンドウで開きます)

 

 グルメ 

 

 周遊にお得なチケット 

 

 

おうちで遊ぼう♪(ダウンロード・リンク特集)

 

 


 

 ツアーをチェックする 


 

初春の湖信会

三社めぐりプレミアムツアー

日吉大社近江神宮建部大社


湖都大津の文化財・神社仏閣の魅力を多くの方に知っていただくため、神仏・宗派を超えて結成された会『湖信会』
大津を代表する十社寺の中から、初春を迎える「日吉大社」「近江神宮」「建部大社」三社をめぐるプレミアムなツアーをご用意しました!

 

【実施日時】
2022年1月16日(日) 

2022年1月23日(日)
2022年1月30日(日)

【時間】

9:30~16:00

【参加費】
5,800円
(上記参加費に貸切バス代、拝観料、食事代、ガイド料含む)

 

詳しくはコチラ

 

TOPへ→

 


 

 

石山寺梅つくしと

瀬田川・びわ湖クルーズ

寿長生の郷ひな人形展バスツアー


梅が咲き始める時期にあわせて石山寺にて開催される『石山寺 梅つくし』へ、遊覧船一番丸に乗って石山詣いしやまもうで。約1000本の梅の花が咲く叶匠壽庵 寿長生かのうしょうじゅあん すないさとでは『ひな人形展』をご案内。
ご昼食は石山寺門前で近江の食材を活かした「湖国料理」をご賞味いただきます。

 

【実施日時】

2022年2月19日(土) 

2022年2月26日(土)

2022年3月6日(日)

【時間】

9:30~15:40

【参加費】
7,800円

(上記参加費に貸切バス代、乗船料、拝観料、食事代、ガイド諸経費含む)

 

詳しくはコチラ

 

TOPへ→

 


 

 

比叡山坂本 西教寺ひなまつり~ひな御膳~と旧竹林院・滋賀院門跡 庭園めぐりバスツアー


例年、普段は見ることのできない昔のひな人形などを多数展示する明智光秀ゆかりの西教寺を解説付きでご案内。また、旧竹林院滋賀院門跡の美しい庭園を地元ガイドがご案内致します。
ご昼食はこの時期限定のひな御膳をお召し上がりいただきます!

 

【実施日時】

2022年2月20日(日) 

2022年2月27日(日)

【時間】

9:45~15:30

【参加費】
5,000円
(上記参加費に貸切バス代、拝観料、食事代、ガイド料含む)

 

詳しくはコチラ

 

TOPへ→

 


 

比叡山プレミアムツアー


世界遺産「比叡山延暦寺」の朝・昼・夜それぞれの魅力を楽しむプレミアムツアーです!

詳しくはコチラ

 

TOPへ→

 


 

 

 

琵琶湖汽船

雪見船クルーズ

【開催日】2022年1月29(土)〜 2022月2月28(月)土・日・月・祝日のみ運航【事前予約制】
※ご予約人数が15名様以下の場合は運休
滋賀県の冬の風物詩・雪見船クルーズ。
大津港と長浜港の間を高速船で結ぶ、片道約2時間20分の船旅です。

びわ湖を縦走するクルーズの途中には、標高1,000m級の山々からなる比良山系の雄大な姿や水鳥達の愛らしい姿など、この時期ならではの景色に出会うことができます。
日常の喧噪から離れて、大自然と向き合えるひとときです。


詳しくはコチラ

 

※11/24(水)~3/4(金)ミシガンクルーズの代船運航について※

外輪船ミシガンは11/24(水)から3/4(金)までの間、定期点検のためドック入渠いたします。
そのため、点検期間中の「ミシガンクルーズ」定期便は、客船ビアンカによる代船運航(※12/5(日)1/8(土)1/10(月祝)1/15(土)1/16(日)1/22(土)は高速船メグミ)を予定しております。
ミシガンご乗船希望のお客様には、ご不便をおかけいたしますが、ぜひこの機会にびわ湖最大級の客船ビアンカをご体験ください。

 

 

TOPへ→

 


 

地元ガイドとまち歩き~DISCOVER WESTハイキング~

予約不要!その場で参加OK!

名所のいわれなど、地元ガイドによる詳しい解説つき!

ガイド費用は無料!

大津市内では下記3コースにて、立ち寄る箇所の歴史や謂われなどを地元ガイドがご紹介しています。

 

第1土曜日※1月の開催はありません
『源氏物語ゆかりの石山寺散策』

石山寺は観音信仰の聖地として、古来多くの参拝がありました。ここで源氏物語の着想を得たとされる紫式部もその一人です。瀬田唐橋など周辺の見所もご案内。
集合場所:JR石山駅
出発時間:10時~
※石山寺では別途入山料(大人1名@600円)が必要。

 

第2土曜日
『徳川家康「天下普請」第一号 膳所城下と東海道を歩く』

築城の名手、藤堂高虎が築いた膳所城は、関ヶ原の合戦後に徳川家康が命じた「天下普請」第1号の城でした。このコースでは旧東海道を歩きながら膳所城や城下町の遺構などをご案内します。
集合場所:JR膳所駅
出発時間:10時~

 

第3土曜日
『湖族の郷 堅田浮御堂コース』

中世びわ湖最大の自治都市として名を馳せた堅田。湖上安全と衆生済度のために建てられた「浮御堂」は松尾芭蕉をはじめ多くの文人に愛されました。

集合場所:JR堅田駅前観光案内所

出発時間:10時~

詳しくはコチラ

 

TOPへ→

 


 

ボランティアガイドの会

 

ガイド一人あたり 2,000円(比叡山延暦寺は3,000円)のガイド料にて、大津市の魅力を地元ボランティアガイドがご案内します。

 

2名様以上のお申し込みにて受付中。(※ガイドは15名様に付き1名を予定)
ご予約は原則として10日前までにFAX、メール、web申込のいずれかの方法で申込書をお送りください。

詳しくはコチラ

 

TOPへ→

 

 


 

 美術館・展示 


 

大津市歴史博物館

 

第170回ミニ企画展
聖衆来迎寺の手鑑 ~古筆切×デザイン~
2022年1月18日(火)~2月20日(日)

聖衆来迎寺には、江戸時代に行われた「大施餓鬼会」の芳名録(全15帖)が残されています。それらの冒頭は、「古筆切」を集めた「手鑑」となっており、さらに、ただ貼り付けただけではなく、様々な形で装飾されています。文字に託された人々の祈りを、装飾された古筆切から感じていただければ幸いです。

 

山元春挙生誕150年記念企画展(第86回企画展)
蘆花浅水荘と山元春挙画塾
2022年3月12日(土)~4月17日(日)

近代京都画壇の雄、山元春挙の別邸兼画室であった膳所の蘆花浅水荘は、近代の文人趣味がいかんなく発揮された重要文化財の数寄屋建築です。その建築を拠点のひとつとして、春挙画塾「早苗会」の活動が展開されました。本展では「早苗会」における多彩な画塾の活動と、庄田鶴友・林文塘ら古参門人から山元春汀・柴田晩葉ら新様式のご当地画家に至る、多士済々の画家が生み出した作品を紹介します。

大津市歴史博物館公式ホームページ

 

TOPへ→

 


 

大津祭曳山展示館

大津祭を、あらゆる角度から紹介する展示館『大津祭曳山展示館』
館内では原寸大の曳山模型を中心に、町並みの様子を再現。お囃子の音響、照明、スライド投影により、お祭りムードが味わえるようになっています。
また大津祭の特徴の一つであるからくりなども映像によってご紹介されています。

2階展示室では、パネル展示と共に、欄間彫刻や曳山に取り付けられる幕などの懸装品、貴重な品々を間近に見ることが出来、13基の曳山の装飾品が2ヶ月ごとに展示されております。

2021年12月~2022年1月の期間は猩々山しょうじょうやま
2022年2月~4月の期間は郭巨山かっきょやま
の装飾品を展示予定。
(第一日曜に展示替えされます)

大津祭曳山展示館公式ホームページ

 

TOPへ→

 


 

滋賀県立美術館

人間の才能 生みだすことと生きること
会期 2022年1月22日(土)〜2022年3月27日(日)
人間が持っている才能のひとつである「つくること」の本質を再確認するべく、育てるように作ること「生みだすこと」が「生きることと」と一体になっているような人たちの作品を紹介。
本展で紹介する人たちのほとんどは、プロのアーティストではありません。
誰かに評価されることなど望まず、日々の生活の中で独自の方法論で制作する彼らの作品からは「生みだすことと生きること」を接続させていくことの大切さを感じ取れるはずです。
全17作家の展示をどうぞご覧ください。

 

野口謙蔵生誕120年展
会期 2021年12月7日(火)〜2022年2月20日(日)

滋賀県蒲生郡(現・東近江市)に生まれた野口謙蔵。
時に自身の作品に「近江野謙(おうみのけん)」とサインを入れ、近江の風土を誇りに思い、愛していたことをうかがわせ、終生近江の風景を描き続けました。

謙蔵生誕120年を迎える節目の年の2021年。

郷土を代表する画家として、これまでも謙蔵の作品群を紹介してきた滋賀県立美術館にて、収蔵品を中心に謙蔵の代表作を紹介。

地域に残された資料類を展示しながら、滋賀と謙蔵の関わりにスポットを当てます。

滋賀県立美術館公式ホームページ

 

※令和4年(2022年)3月27日(日)までの毎週日曜日は、株式会社 木の家専門店 谷口工務店様のご寄附により、常設展示の観覧がどなたでも無料になります。

詳しくは下記URLのご案内をご覧ください。
毎週日曜日は、常設展示の観覧が無料になります(木の家専門店 谷口工務店 フリーサンデー)

 

 


 

佐川美術館

さがわきっずみゅーじあむ 魔法の美術館Ⅲ

2021年12月04日(土)~2022年02月13日(日)

子どもから大人まで直感的に楽しめる体感型アートの展覧会「魔法の美術館」。
大人気を博した本企画が、4年ぶりに佐川美術館へ帰ってきます!
人の動きに反応して、光や影、映像が変化し、美術館に魔法のような世界が広がる体感型アートは、まるで自分と作品が対話するような体験ができます。
その時、その場でしか見られない次世代のアート作品を、ぜひ体感してください。

(事前予約制による完全入替制)
詳しくは佐川美術館公式ホームページをご覧ください。

 

TOPへ→

 


 

 

 

 公演 


 

大津市伝統芸能会館

 

桂吉弥 独演会
2022年1月29日(土)午後2時開演

 

第26回大津はつらつ寄席
2022年2月5日(土)午後2時開演

 

大津市伝統芸能会館公式ホームページ

 

TOPへ→

 


 

 ウィンターアクティビティ 


 

びわ湖バレイ スノーシーズン

 

2021-22ウィンターシーズンの営業は12月24日(金)のオープンを予定。

その他詳しくはびわ湖バレイ公式ホームページをご覧ください。

滋賀県のスキー・ゲレンデ情報はコチラ

 

TOPへ→

 


 

 ドライブ 


 


比叡山ドライブウェイ

滋賀県大津市の田の谷峠から延暦寺東塔(根本中堂)・比叡山頂を結ぶ約8.1kmの有料道路。
比叡山の山腹を走り、途中の「夢見が丘」で大津市街を始めとする大津・びわ湖の景色が一望できます。

比叡山ドライブウェイ公式ホームページ

 

奥比叡ドライブウェイ

びわ湖展望台からは、琵琶湖大橋から近江八幡市、沖島まで雄大な琵琶湖の北湖の景色を、比叡山峰道レストラン展望台からは琵琶湖の南湖の景色をご覧いただけます。
三上山(近江富士)、烏丸半島をはじめ、草津市、守山市、栗東市、野洲市から天気の良い日は三重県との県境まで見渡すことが出来ます。
比叡山延暦寺東塔・西塔・横川の三塔(3つのエリア)とも奥比叡ドライブウェイ沿線上にあり、延暦寺開創1200年の歴史に触れることが出来ます

奥比叡ドライブウェイ公式ホームページ

 

【比叡山ドライブマップ】

↓画像タップ(クリック)↓にてPDFファイルダウンロード(PDF:2MB)

 

 

TOPへ→

 


 

イルミネーション


 

びわ湖大津館 イングリッシュガーデン
『妖精たちと幻想的な光の世界』
【開催日】2021年12月1日(水)~2022年2月14日(月)
【時 間】17時〜20時30分
【場 所】柳が崎湖畔公園 びわ湖大津館
【入場料】大人330円、小中学生・65歳以上160円
湖畔に広がる幻想的な庭、柳が崎湖畔公園びわ湖大津館と隣接するイングリッシュガーデンを会場に、15万球のイルミネーションが点灯。成安造形大学の学生とコラボし、今年のテーマである「妖精たちと幻想的な光の世界」を創造します。

詳しくはコチラ

 

TOPへ→

 


 

びわ湖大津プリンスホテル
【開催期間】2021年11月20日(土)〜2022年2月15日(火)(予定)

【点灯時間】午後5時~午後11時

【観覧】無料

※プールサイドアリアは、午後9時まで。

詳しくはびわ湖大津プリンスホテル公式ホームページをご覧ください

 

【期間限定】大津エリア内を無料周遊バスが運行

2021年11月1日(月)~2022年1月23日(日)の間、SLOW OTSUの観光イベントにあわせて無料周遊バスが期間限定で運行されます
JR大津駅びわ湖大津プリンスホテル間など、環境にやさしい電気バスや、一部区間では期間限定で自動運転バスも運行される予定です。
JR大津駅から大津湖岸なぎさ公園エリアへのアクセスがぐんと便利に。いずれも乗り降り自由です。

 

詳しくはコチラ

 

 

TOPへ→

 

 


 

 

 グルメ 


 

松喜屋
近江牛づくしランチ
木曽義仲 鎌倉御膳

【30食限定 ランチ】

源平合戦で活躍した「木曽(源)義仲」は、内乱により、ご当地「粟津の戦い」で無念の死を遂げ、現在は、膳所の義仲寺で祀られています。
鎌倉時代の尼将軍「北条政子 」が愛した「神の宝の玉手箱」をイメージして、玉手箱に近江牛料理を盛り込みました。
木曽義仲と言えば「 一汁三菜」の逸話が有名なことから「一汁三菜」を「一汁三節」として松喜屋風にアレンジ。
メインの近江牛ステーキは、 松喜屋名物の薬味「 泡塩 」と供に、 長寿大国「滋賀」と、鎌倉時代の食文化を再現し、発酵食材の酒麹と味噌を合わせた 麹味噌 でお召し上がりいただきます。
また「源平合戦」の中でも歴史的に有名な倶利伽羅峠の戦いで義仲が行った奇襲「火牛の 計」にちなんで、 赤こんにゃくを松明に見立てて添えました 。
漬物は義仲が育った木曽の名物「野沢菜」を添え、デザートには「鎌倉アイス」など、楽しみあふれる御膳です。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
れすとらん松喜屋本店
滋賀県大津市唐橋町14-17
TEL:077-534-2901
公式ホームページ
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

年末年始休業日:
12月31日(金)・1月1日(土)
(1月2日 11:30より営業)

※本店ランチメニューは、12/31~1/3はございません。
詳しくは公式ホームページをご確認ください。

 

TOPへ→

 


 

圓満院

大津絵 薬膳精進御膳
大津絵 薬膳弁当

 


大津絵10種にちなんだ体にやさしい薬膳料理
女ざかりの美しさや愛嬌を藤の花蜂蜜を藤色に近づけるよう同じマメ科のバタフライピーで着色し、葛で寄せた『藤娘』や、鯰を揚げびたし、ひょうたんの漬物を添えて絵と類似する盛り付けにした『瓢箪鯰』など、それぞれの大津絵を想像しながらいただくのも楽しい。

提供期間:2021.12.20~期限の定めなし

大津絵 薬膳精進御膳
5,500円(税込)/1人
5日前までに予約
最低予約人数3人

大津絵 薬膳弁当
2,000円(税込)/1人
5日前までに予約
最低予約人数5人

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
大本山 圓満院
滋賀県大津市園城寺町33
TEL:077-522-3690
公式ホームページ
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

TOPへ→

 


 

 

 周遊にお得なチケット 


京阪電車 びわ湖1日観光チケット

発売日から翌月末日までのお好きな1日、京阪電車 大津線全線 乗り降り自由♪
(御陵駅〜びわ湖浜大津駅、石山寺駅〜坂本比叡山口駅)
大人 700  小児 350
※京都市営地下鉄は利用できません。
【発売場所】
石山駅観光案内所、堅田駅前観光案内所、
京阪山科、 四宮、 京阪石山、 京阪膳所、 びわ湖浜大津、 京阪大津京、 近江神宮前 坂本比叡山口 の各駅にて販売。

 


 

比叡山延暦寺巡拝券付き「便利でお得なチケット」は↓画像クリック(タップ)↓にてパンフレットをご覧ください。

 


 

「坂本周遊バス・ケーブル一日乗車券」絶賛発売中

坂本をエリアを便利でお得に楽しめる乗車券です。

坂本地区のバスケーブルが、通用期間内のお好きな1日乗り放題で、西教寺、比叡山延暦寺の拝観料、飲食店での食事代の割引きなど特典がいっぱいです。

詳しくはこちらをご覧ください。

大人1,800円 小人900円

 

 

TOPへ→

 


 

おごと発

半日巡りタクシープラン

スポットの裏表を知り尽くしたドライバーが、歴史秘話などを織り交ぜてガイドしてくれます!大津の秘蔵観光地を巡る3つのコースをご用意。いつもより100倍楽しい半日になりそうです。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

TOPへ→

 


 

 おうちで遊ぼう♪ 

『光ルくんからの挑戦状』が秋バージョンに更新したよ!
クイズに答えながら、大津にもくわしくなっちゃうよ☆
挑戦してみてね!!
↑画像タップ(クリック)↑でクイズページが開きます

 

 

ダウンロードして遊んでね♪

<大津市観光キャラクター>

おおつ光ルくんぬりえ

<大津市歴史博物館>
遊ぼう!大津れきはく

(公式ホームページへリンクします)

 

 

←目次に戻る

 


 

パンフレットできました♪
冬の大津でリラックス♪人気温泉地で自分にご褒美『日帰り温泉』情報や、冬のあったかアウトドア、幸せ気分になれるスイーツ情報などなど、情報もりだくさんのパンフレットです☆冬のツアー・イベント情報もチェックできますよ!
大津市内各案内所・主要施設等にて配架中
↓画像タップ(クリック)↓にて特設ページをご覧ください。

 

 


国土交通省・観光庁の協力のもと、旅行連絡会が作成している『新しい旅のエチケット』です。旅行に出かける皆様に、感染防止対策として特にお守りいただきたい内容を​旅行者向け「新しい旅のエチケット」として各場面ごとに掲載しています。​ひとり一人の協力で、みんなの楽しい旅を守りましょう。