ニュース 2021-02-15 12:57:08 Update

『芭蕉翁絵詞伝と義仲寺』大津市歴史博物館開館30周年記念企画展

義仲寺ぎちゅうじの寺宝として、長く門外不出の扱いを受けており、大津市歴史博物館にて1994年にて開催された『芭蕉没後300年記念展「芭蕉と近江の門人たち」』を最後に、21世紀になってからも封印状態だった芭蕉翁絵詞伝ばしょうおうえことばでん

 

開館30周年記念として、全巻が公開されます。

 

旧東海道沿い、大津市馬場の義仲寺ぎちゅうじには、俳聖の松尾芭蕉(1644~1694)が眠っています。
今でこそ、美しい境内が守り伝えられていますが、芭蕉亡きあとの18世紀ごろには、すでに荒廃がすすみ、半ば忘れられた寺院でした。
それを嘆き、生涯をかけて復興に努めたのが蝶夢ちょうむ(1732~1796)。

芭蕉の百回忌に向けて、義仲寺の翁堂(芭蕉堂)を復興し、さらに本尊の松尾芭蕉像に奉納するため、11年の歳月をかけて本格的な松尾芭蕉伝記絵巻として、総延長40メートル、絵と詞各33段、上中下全3巻からなる大作の伝記絵巻「芭蕉翁絵詞伝」を制作しました。
この絵詞伝が2年前に大津市歴史博物館に寄託され公開が可能となり、今回はあわせて、これまで展示される機会のなかった義仲寺の寺宝・俳諧資料も紹介されます。

日時

2021年2月27日(土)~4月11日(日)

開館時間:午前9時~午後5時(入場は午後4時30分まで)

月曜休館

場所 大津市歴史博物館
(〒520-0037大津市御陵町2-2)
アクセス ■電車
・京阪電鉄 石山坂本線「大津市役所前」駅下車徒歩約5分
・JR湖西線「大津京」駅下車徒歩約15分
■車
【駐車場】
駐車台数 約70台(無料)
問い合わせ先

大津市歴史博物館

※月曜休館

※開館時間午前9時~午後5時


TEL: 077-521-2100
料金

常設展示観覧料でご覧いただけます。

一般:330円(260円)

高校生・大学生240円(190円)

小学生・中学生160円(130円)

※( )内は15名以上の団体等の割引料金。

※大津市内在住の65歳以上の方は、小中学生と同額。

※大津市内在住の障がい者、介護保険の要介護者及び要支援者の方とその介護者1名は無料(証明するものをご提示ください)。

URL https://www.rekihaku.otsu.shiga.jp/news/2023.html

備考

Notes

※新型コロナウィルス感染拡大による中止・変更もございます。大津市歴史博物館公式ホームページで最新情報をご確認ください。

※展示入れ替え作業のため、2021年2月22日(月)~26日(金)まで臨時休館いたします。