滋賀県立美術館開館40周年記念『滋賀の家展』

 多くの住宅建築関連の工場を県内に有してきた滋賀県は、近代以降の日本の住宅建築の展開を支えてきました。また、琵琶湖を中心とする自然豊かな土壌に惹かれ、別荘地やベッドタウンとしての活用が進む一方で、古くからの集落を残す場所でもありました。

 

 本展では1960年代の日本の住宅産業と滋賀県の強いつながりから、現代建築科による実践までを紹介されます。

 パンフレット、模型、図面、写真といった、建築展ならではの資料だけでなく、家具や、建築家や施主のインタビュー映像などもご覧いただけるとのことで、今まさに滋賀で生活されている方や、滋賀で生活されることについて関心を持つ方にとっても、たいへん興味深い展覧会です。

日時 2024年7月13日(土)〜9月23日(月・休)

【開館時間】9:30~17:00(入場は16:30まで)

【休館日】毎週月曜日(ただし祝休日の場合には開館し、翌日火曜日休館)

場所 滋賀県立美術館
(滋賀県大津市瀬田南大萱町1740-1)
 交通アクセス 
問い合わせ先 滋賀県立美術館
TEL:077-543-2111
料金

一般 1,200円/高大生 800円/小中生 600円

※2024年8月は大学生以下は無料でご覧いただけます

※同時開催中の常設展も観覧可

URL https://www.shigamuseum.jp/

イベント概要

About this event