『椿堂』特別御開扉/比叡山延暦寺 西塔

聖徳太子ゆかりの「椿堂」
ご本尊「千手観世音菩薩像」が初公開されます

 

聖徳太子が比叡山に登られた時に使った椿の杖が地に挿されたまま残され、やがて芽を出し大きく育ったという伝説に由来する椿堂。

太子の千四百年御遠忌を期に、初めて堂内とご本尊・千手観世音菩薩像が特別公開されます。

 

椿堂本尊の千手観音像の腹心(胎内)に聖徳太子の御本尊として納入したと伝わる胎内仏で、7世紀に制作されたとされる9センチの仏像「菩薩半跏像」も、会期に合わせて比叡山の宝物を収蔵する「国宝殿」にて展示されます。
ぜひ併せてご覧下さい。

 

日時 令和4年9月3日(土)~12月4日(日)
場所 比叡山延暦寺 西塔
アクセス ■電車
JR「比叡山坂本」駅・京阪電車「坂本比叡山口」駅から江若バスで「ケーブル坂本」駅へ。
坂本ケーブル「ケーブル延暦寺」駅下車
※比叡山内の移動は山道のため比叡山内シャトルバスのご利用をお勧めしています。
詳しくは比叡山延暦寺公式ホームページをご確認ください。
 交通案内 
問い合わせ先 比叡山延暦寺
TEL:077-578-0521
URL https://www.hieizan.or.jp/archives/5352

イベント概要

About this event

 


 

【同時開催中イベントのご案内】