『仏像をなおす』大津市歴史博物館


伝教大師最澄没後1200年記念企画展
仏像を
なおす


 

延暦7年(788)に伝教大師最澄によって比叡山延暦寺が創建されて以降、大津は日本仏教の中心地として膨大な質量の仏像・仏画が造られ、多くの作例がいまも現存しています。

現在も彫刻の指定品の数が京都市と奈良市に次いで3番目に多い市として知られていますが、これらは数多く造立されただけでなく、何度も修理や復興によって「なおす」つまりもとの良好な状態に戻すことが行われてきたからこそ、現在にその姿を伝えています。

本年は、伝教大師最澄が弘仁13年(822)に没して1200年の節目の年にあたります。
それを記念して、比叡山延暦寺をはじめとする市内の寺社に現存する修復・復興関係の史料や作品を展示し、文化財が受け継がれてきた歴史が紹介されます。

日時

2022年7月23日(土)~9月4日(日)

【開館時間】9:00~17:00

(入場は16:30まで)

【休館日】月曜日、8/12(金)
場所 大津市歴史博物館(大津市御陵町2-2)
 交通アクセス 
問い合わせ先 大津市歴史博物館
TEL:077-521-2100
料金

【観覧料】

一般 500円(400円)/高大生 300円(240円)/小中学生 200円(160円)

※()内は前売り。

前売り券は、大津市内観光案内所(大津駅・堅田駅前・石山駅)にて、6/25(月)~9/4(日)まで販売。

URL https://www.rekihaku.otsu.shiga.jp/

イベント概要

About this event