石山寺<勅封如意輪観世音菩薩>御開扉

石山寺では天皇陛下の御即位を祝して、令和2年(2020)に勅封御本尊 二臂如意輪観世音菩薩の御開扉を行う運びとなりました。

本尊である二臂如意輪観世音は一丈六尺(約5メートル)の大きさで、作品としては平安時代後期の作であり、重要文化財の指定を受けています。
三十三年目の相当の年、並びに天皇御即位の翌年に勅封本尊観世音扉を開き、玉体安穏、宮中安全、国運隆昌、世界平和を祈願する大法要を執行する恒例となっています。平成28年(2016)には三十三年に一度の本尊観世音の御開扉が行われ、次回の御開扉はその三十三年後である2049年になる予定です。

日時 御開扉2020年3月18日午前中 その後一般公開。期間は6月30日まで。
場所 石山寺 本堂 520-0861 滋賀県大津市石山寺1-1-1
問い合わせ先 石山寺
TEL:077-537-0013
URL https://www.ishiyamadera.or.jp/info/news/5843