home

テーマで探す

崇福寺跡

大津京遷都の翌668年、天智天皇が、宮殿の西北山中に建立したとされる。
昭和3年の発掘調査で滋賀里山中の3つの尾根から建物跡を検出。現地には大きな礎石列が残り、当時の壮大な伽藍(がらん)配置が偲ばれる。塔の心礎からは舎利容器(国宝)が出土。

住所大津市滋賀里町甲
交通・京阪滋賀里駅から徒歩20分
・名神京都東ICから15分
問い合わせ先077-521-2100 (大津市歴史博物館)