home

テーマで探す > 逢坂山関趾碑

逢坂山関趾碑

古来からの交通の要衝で、平安時代には、不破・鈴鹿と並ぶ三関のひとつであった。歌枕としても名高く、関跡の碑が国道1号逢坂山峠の頂上にある。ただ、関のあった場所は関寺(現在の逢坂1丁目の長安寺)の近くとだけわかっており、碑の建っている逢坂峠のあたりに関があったという確証はない。

交通・JR大津駅から徒歩5分
・名神大津ICから5分