home

テーマで探す

今井兼平の墓

今井兼平は平安後期の武将で、木曽(源)義仲の乳兄弟。義仲とともに源頼朝軍と戦い、粟津の合戦(1184年)で敗れ義仲が戦死すると、後を追い自刃した。現在の墓は今井家末裔により建てられたもので、もとは兼平を尊敬した膳所藩主本多俊次が建立した墓であった。

住所大津市晴嵐2丁目
交通・JR石山駅から徒歩5分
・名神大津ICから10分
問い合わせ先077-534-0706(石山駅観光案内)
駐車場なし