home

テーマで探す

大津菓子調進所 鶴里堂

鶴里堂(かくりどう)という屋号は、昔、比叡山より望んだ大津の里が細長く弓形(ゆみなり)で、鶴が翼ひろげてまさに飛び立とうとする姿に似ていたことから、「鶴の里」と呼ばれていたことに因んでいます。
大津菓子調進所という名が表すとおり、京菓子と並び称された「大津菓子」の流れを伝える和菓子の老舗として、一世紀以上にわたり、東海道筋上京町(かみきょうまち)に店を構えています。
弊舗の菓子は、大津の四季の移ろいを表現した上生菓子を中心に、十種の大津絵が踊り出す麩焼煎餅「大津絵おどり」や相伝の技を伝える本煉羊羹の比叡杉羊羹(ひえすぎようかん)、三井の晩鐘の伝説に因った伝説干菓、御井(みい)など大津ならではの大津菓子をご用意しております。
江湖各位をはじめ、御用を承る三井寺等寺社方のほか、各流の茶人方にもご贔屓にあずかっています。

住所滋賀県大津市京町一丁目2-18
問い合わせ先TEL:077-523-2662
FAX:077-521-0280
Mail:kakurido@sirius.ocn.ne.jp
営業時間9:00~18:30
【休日】毎週日曜日
駐車場店舗向かいの京町ガレージに駐車してください。
商品お買い上げのお客様には無料駐車券を進呈いたします。