home

テーマで探す > 立木観音(立木山安養寺)

立木観音(立木山安養寺)

琵琶湖から、京都、大阪へと唯一流れ出る瀬田川にある鹿跳渓谷のほとり、約800段の石段を登ったところにある立木観音。
平安前期、弘法大使空海が厄年の42歳のとき、光る立木の霊木に等身大の観音像を刻み建立した寺といわれ、以来1200有余年、厄除け観音として広く信仰されている。

住所大津市石山南郷町奥山1231
交通【電車】
JR「石山」駅から京阪バス「立木観音前」下車すぐ

【車】
名神瀬田西・東ICから約15分
京滋バイパス南郷ICから約5分

石段約800段(約20分程度かかります)
問い合わせ先TEL:077-537-0008
営業時間受付時間
平日    9時~16時半
土曜日   8時半~16時半
日曜・祝日 8時~16時半
※元旦から節分会、千日会は受付時間が変わります。詳しくはホームページをご覧ください。
駐車場普通車50台、大型車数台
URLhttp://www.tachikikannon.or.jp/