home

テーマで探す > 志賀清林の碑

志賀清林の碑

相撲行司の祖と伝えられている志賀清林を顕彰するために大正7年に建てられた碑
志賀清林は、奈良時代の人物で、小さい頃から相撲が強く、その名は近江の国ばかりでなく、近畿全域に響いたといわれる。聖武天皇の時代(724~729年)に、相撲の儀式を詳しく定め、相撲四十八手の基礎を創案した功績者でもある。

住所大津市木戸1125-1
交通・JR志賀駅徒歩20分 
・湖西道路志賀ICから10分
問い合わせ先077-592-0378(志賀観光協会)
営業時間定休日:なし