home

テーマで探す

坂本城跡

坂本城は、1571年の延暦寺焼き打ち直後、織田信長の命により明智光秀が琵琶湖岸に築城。安土城に次いで絢爛豪華な城であったといわれる。1582年の本能寺の変の後、羽柴秀吉軍の攻撃により落城。城内と推測される場所に光秀の供養塚と伝わる明智塚がある。また、琵琶湖の渇水時には湖中の石垣が姿をあらわすが、普段は見ることができない。現在は坂本城のあった辺り2カ所に碑が建っている。一つは下阪本の旧北国海道沿い東南寺付近の碑で、もう一つは湖岸に作られた公園の前に建っており、公園内には明智光秀像もある。

住所大津市下阪本3丁目
交通・JR大津駅からバス下阪本下車徒歩3分
・湖西道路下阪本ICから5分
問い合わせ先077-578-6565(坂本観光案内所)
駐車場普通車10台(坂本城跡公園P利用)