home

イベント情報 > 「法明院」~フェノロサの愛した寺~

「法明院」~フェノロサの愛した寺~

アーネスト・F・フェノロサは明治時代にアメリカから来日し、日本美術の宣揚に努めました。
彼がイギリスの地で亡くなる際に帰りたいと願った場所が、園城寺(三井寺)北端にある「法明院」です。長等山の中腹に位置する園城寺(三井寺)は僧房の一つとして享保8年(1723)に義瑞和尚性慶(1667-1737)によって開かれました。以降、山内唯一の律院(戒律を主として学ぶ寺院)として栄え、多くの宝物が今に伝えられています。本展では法明院にゆかりのある様々な宝物を展示し、その歴史を紹介します。

20190123094800-0001.jpg

日時2019年3月2日~4月14日
場所大津市歴史博物館(大津市御陵町2-2)9時~17時(入場16時半まで)
休館日:月曜日・3月22日
交通京阪「大津市役所前駅」下車、徒歩5分
JR「大津京駅」下車、徒歩15分
駐車場約70台無料あり
問い合わせ先大津市歴史博物館(077-521-2100)
料金一 般600円(480円)
高大生300円(240円)
小中生200円(160円)
※( )内は前売り/団体/大津市内在住65歳以上の方、障害者、介護保険要介護者、要支援者の方の割引料金(要証明書)
URLhttp://www.rekihaku.otsu.shiga.jp/index.html